« 東京みなと祭2008 | トップページ | ロンアール@池袋 »

2008年5月24日 (土)

駒形どぜう@浅草

みなと祭を見ていると、メーテルの声が。
「けろバタ、ヒミコ号に乗りなさい」

と聞こえたかどうかは怪しいですが、
水上バスのヒミコ号に乗船することに。

乗り場の豊州ららぽーとに向かいます。

豊州のチケット売り場は、キャンピング
トレーラーをそのまま利用したようで
こんなにシンプル。





そして…キター!
遊覧船とは思えない、ゴキブリみたい近未来的なデザインです。
この船は、銀河鉄道999等の作者である、
漫画家の松本零士氏がデザインしたとのこと。

船内も松本色がバリバリあらわれています。

でも、アナウンスがメーテル、鉄郎、
車掌さんの会話仕立てになってるのは
ちょっとやりすぎじゃないかと。

乗客の半分以上外国人だったんで
たぶん意味不明だったと思うし。


無限に広がらない隅田川を上ること約40分。浅草に到着です。

船着き場から少しあるくと、目的地の「駒形どぜう」に到着です。
「どせう」とかいて「ドジョウ」と読ませるのは、このお店の初代が、
1806年の大火で店を焼いた際に始めたとか。歴史あるお店です。

このお店、1階は風情のある入れ込み座敷になってるらしいのですが、
情報によると週末は人気でたいてい2Fか3Fに…あれ、すんなり入れた。

なーんかいろいろありますが、

さらしくじらとどぜう鍋を注文。

さらしくじらは酢味噌で、どぜう鍋はたっぷりのネギをかけ割下で煮込んでいただきます。

「泥臭い」といわれるドジョウですが、まったくそんなことはなく、
口の中でとろけます。それ以上に、このネギがやたらうまい。
割下との相性抜群。ドジョウなしでもいいくらいです(コラ!)

まだ午後3時くらいだというのに、
とってもお酒がすすむのでした。







さて、すっかりよっぱになったところで、本日のメインイベント。

格闘技(?)ハッスルの観戦です。

この日は、実の母子、ボノちゃん(曙)とインリン様の直接対決。
(ほとんど理解不能なめちゃくちゃな設定ですが)
インリン様の引退試合ということもあり超満…あれ?

ま、まあ真鍋かをりも
来てるしよしとするか。






んで試合はというと、
レイザーラモンRGはお尻に塩をすりこまれてぴょんぴょん跳ね、
体操金メダリスト池谷は体操技でぴょんぴょん跳ね
ボブサップは体重アタックかますも小池栄子の旦那に負け、
曙は体重アタックでインリンを引退においやるという、
やっぱ初めて見る人には理解困難なものでした。

いろいろおりまぜて、とってもバラエティに富んだ1日でした。

|

« 東京みなと祭2008 | トップページ | ロンアール@池袋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184995/41326409

この記事へのトラックバック一覧です: 駒形どぜう@浅草:

« 東京みなと祭2008 | トップページ | ロンアール@池袋 »