« 茨城県、日帰りの旅 | トップページ | お花見inさいたま »

2008年3月15日 (土)

石垣・西表・宮古島、3泊4日の旅

3月15日から3泊4日で
西表島・石垣島・宮古島の 3島を
巡ってまいりました。

午後便で出発です。写真はJALですが、
乗ったのはJTAの737-400。
たまったマイルのでの旅です。


富士山や島々を眺めること約3時間。

珊瑚礁を見ながら石垣島に着陸です。


ちなみに気温は昼が25度くらい。Tシャツ1枚で十分です。

すでに夕方。
今日は夕食&宿泊のみです。
居酒屋に入り、琉球泡盛を。

この琉球泡盛八重泉がかなりおいしく、
相当な酔っぱらいに。



その後、民謡酒場「安里屋」へ移動。
島唄にのせてみんな踊ってます。







1日目の締めはラフテー入り八重山そば。
お酒の影響でどこの店だったかは…







そんなこんなで酔っ払いで1日目は終了です。


2日目は朝8時の船で日本のガラパゴス
西表島に向かいます。







フェリーターミナルで泡盛シェイクを購入。


めっちゃ泡盛の香りと味がするのは、本当に入っているからか
昨晩の酒が残っているのか…?

タクシーとバスでの移動を考えて
いたのですが、あまりの交通の
不便さから急遽レンタカーに。






辺りには、オオゴマダラが。
あちこちで見かけます。







牛くんたちもお出迎え。もー。








で、最初の観光ポイント、由布島に向かいます。
95年頃の明電舎のCMで有名な、水牛でわたる島です。


おじさんの話と島唄を聞きながら、浅い海を15分ほどかけて渡ります。
途中で水牛のうんちタイムとかもあったり。

島では水牛がのほほんと暮らしています。荒々しいイメージのある
水牛ですが、ここのはとってもおとなしい。


この島、今ではほとんど人が住んでいないようですが、
かつて住んでいた方が植物をたくさん植えられたそうで
南国植物の宝庫になっています。



ビーチも南国っぽくなってきました。
このあたりの浜辺には、サンゴのかけらがたくさんあります。


西表島に戻りドライブ。眺めのいいポイントを見つけました。
海がめっちゃきれい。


【ここまでのまとめ動画↓】

港に戻り、仲間川をクルージング。









川岸は一面マングローブになってます。


根っこが板状になったでっかい木(名前失念)を見て引き返しです。

西表島といえばヤマネコ。本物は見かけませんでしたが
道路にはこんな表記も。









西表島の締めは、日本最南端の温泉、西表温泉で。

石垣島に戻り、夕食へと出かけます。
石垣だけでなく西表もですが、
T字路にはこんな石碑があります。

このへんの魔物は直進する性質をもっており、
T字路だと壁を超えて 家へ侵入してしまう、
ということで、この魔よけが設置されているそう。

ちなみに「イシガント」と読むそうです。
ギガントおもしろスbyしょこたん



それはそうと、今夜の夕食は、念願の「色つき魚を食べる」です。

イラブチャーとかいう真っ青な魚のお刺身をいただきました。
色は違っても味は普通に魚だね。
ヤシガニはボソボソ感があっていまいち。


3日目。今日もレンタカーで移動です。








まずはシュノーケリングを体験。
レクチャーを30分ほどうけてから、海岸からアプローチ。

ちょっと泳いだだけで、サンゴやら熱帯魚やらわんさか。

♪ブ~メランブ~メラン








風呂場の足ふきのようなもの。








ナマコもいるよ。








波間にプカプカ揺られてるうちに、昨日の酒がこみ上げてくるという
ハプニングもあったものの、十分満足なシュノーケリング体験でした。

にもそろそろ飽きたので、お昼は石垣牛を。

満足満足。








本百景のひとつ、川平湾を目指します。
ちなみに日本百景って公式な定義ないみたいです。

途中には、八重山らしいこんな家屋も。
シーサーもあちこちに。

平湾到着ですが…めちゃくちゃきれい。
透き通った青い海に青々と茂った島。

ここで、水中観察のための
グラスボートに乗り込みます。

船の中央部には海底を観察できる
ガラス面が設置されています。







でっかいシャコ貝やら、魚の群れやら、キモいサンゴやら。

景色を存分に楽しんだあとは、ビーチへ。

海開きは来週らしいのですが、普通に泳げました。
しかも月曜だったので人少ないし。

腕、すでにめっちゃ日焼け状態。








石垣のビーチを満喫し、今度は宮古島へ移動です。
搭乗するのはDHC-8-103。念願のボンバルディア機です。
実はこの日、天候不良のため、ひとつ前のB737への振り替えも
可とされていたのですが、どうしてもDHCに乗りたかったので
振り替えせず、にしました。

同行メンバからは呆れられましたが(笑)
大きく揺れることもなく、約30分で宮古空港到着。
ここまでのまとめ動画↓

この日は地元の人気居酒屋へ。
店に入ると三線ライブの真っ最中でした。

最終日の4日目。今日もいい天気。
実は初日から4日とも、曇りか雨の予報だったのですが、
スコールみたいのはあるものの基本的に晴れ続き。

今日もレンタカーで移動です。

東の端、東平安崎灯台へ。

花咲き乱れ。

さとうきびジュースが売られていました。
作り方は本当に絞るだけ。めっちゃ甘い。






最近、ともに名前を聞かなくなった
D-GPSと気象通報の局がありました。

D-GPS…GPSの誤差補正するための局
気象通報…「南大東島では北の風、風力3…」
       とかやってるアレ。




で、電波つながりで思い出したのですが、ワンセグ!
石垣島はまだデジタルが始まっていなかったのですが、
今朝の新聞によると、本日より宮古島地区でデジタル試験放送
開始されるとの運命的(?)な情報が。早速受信、沖縄制覇!

今度は北の端、池間島を目指します。
珊瑚の海の中に橋が続いています。天気よかったらきれいなんだろうなぁ。

昼ごはんには海ぶどう丼をいただきました。

ドイツ村に向かい、そこで海中に展望室のある遊覧船に乗ります。
ここいらで雷の音が聞こえ、天気が怪しい状態に。

乗船中に大雨になったようで、船は大揺れ。
でもこれまで以上にたくさんの魚の群れを見ることができました。
で、魚が寄ってくるのを見て「撒き餌してんだね~寄ってくるよ」
と言ってたのですが、実は揺れでダウンした人が上から撒き(以下自粛)

その雨もすぐにあがり、最後は宮古島のビーチへ。
最後まできれいな海を見られ、とてもリフレッシュできた旅行でした。

らすとぉ、のまとめ動画↓


【おまけ】
宮古島で見つけた、
なんだかなーな美容室。






石垣空港にいた警察官。
略して「いしがきデカ」。






宮古島でみつけたチョウ。
略して「ミヤコ蝶々」。

|

« 茨城県、日帰りの旅 | トップページ | お花見inさいたま »

コメント

イラブチャー食べてみたいです~☆
泡盛シェイクも・・・って本当にノンアルコール?
飲んでるうちに気持ちよくなってイシガキデカとかミヤコチョウチョとか発想が豊かに(笑)
 
あ、それと波打つプレート状になった根っこは「盤根」と呼ぶそうですね。何の木かは知りませんが、バンコンという響きは我が身をふりかえらせる何かがあります(汗

投稿: つきじろう | 2008年3月30日 (日) 07時58分

イラブチャー以外にもやばげな色つきの魚がありましたよ!
でも、魚料理はやはり北の方が…いや、なんでもないです。

「盤根」、クルージングの際も解説のおっちゃんのネタに
なってましたが、さすがに苦笑いするしか(笑)

泡盛シェイクはだいぶ経ってから、諸般の事情により
ノンアルコールということに決定しました。
本気で気づかなかったんだよう~(汗)

投稿: けろけろバッタ | 2008年3月30日 (日) 09時34分

ご無沙汰してますm(_ _)m
『ミヤコ蝶々』がツボに入りました(笑)
つい最近から 私もブログを初めまして···、こちらのブログをリンクしても宜しいでしょうか? ご検討お願い致しますm(_ _)m

投稿: ちはやまこと | 2008年4月 5日 (土) 11時18分

ちはやまことサン

お久しぶりでございます。
ブログ始められたのですね!ぜひリンクお願いします。
こちらからもリンクさせていただいて宜し…
あ、もうしちゃいました。(^_^)

投稿: けろけろバッタ | 2008年4月 5日 (土) 11時52分

リンクの件、こちらこそ ありがとうございました♪
また こちらにも遊びに伺いますね。

投稿: ちはやまこと | 2008年4月 5日 (土) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184995/40660625

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・西表・宮古島、3泊4日の旅:

« 茨城県、日帰りの旅 | トップページ | お花見inさいたま »